ぴーまんタイムス

2ちゃんねるのまとめブログです。主に生活、仕事、ニュース関係をまとめます。読んでふふっとなるような、気楽なブログを目指しています。

    1: シャチ ★ 2018/02/21(水) 16:49:55.73 ID:CAP_USER9
    [東京 21日 ロイター] - 日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F35A」を20機以上追加購入する方向で調整に入った。
    調達費が割高になる国内での最終組み立てを取りやめ、完成機を輸入することも検討している。これとは別に、
    垂直に離着陸可能な「F35B」の購入も米国側と協議している。


    日米の複数の関係者が明らかにした。今年末にまとめる5カ年の中期防衛力整備計画に盛り込む。

    日本は航空自衛隊の「F4」戦闘機の後継として、F35Aを42機調達することを決定済み。今年1月末、青森県の三沢基地に1機目が配備された。

    これに加えて購入するのは、200機ある「F15」戦闘機の一部後継分。関係者の1人は、
    日本の予算や米メーカーの生産能力を考慮すると、25機前後の調達が現実的としている。

    日本はF15について、半分の100機を改修して使い続けることを決めているが、改修不可能な100機の扱いが焦点になっていた。
    F35Aに置き換えた後の残り70─80機については、さらにF35Aを追加するのか、開発を検討中の将来戦闘機で代替するのか検討していく。

    F35Aは、米国を中心に英国やイタリアなど9カ国が国際共同開発したステルス戦闘機。開発に加わらなかった日本は、
    自国の防衛産業が製造に参画できるよう、自衛隊向けの機体を国内で最終組み立てすることにしている。

    しかし、その場合の調達価格は1機約130億円と、完成機を輸入するより数十億円規模で割高になるため、
    追加購入分については国内での組み立てをやめる案が浮上している。

    さらに日本は、F35のB型を調達することも検討している。F35Bは短距離滑走で離陸できるほか、垂直に着陸することが可能。
    沖縄県の那覇基地が使えなくなった場合でも、離島の短い滑走路で運用できるF35Bで南西諸島の制空権を失わないようにする。

    空母のような広い甲板を備えた「いずも」型護衛艦を改修したり、強襲揚陸艦を建造して洋上で離発着することも想定している。

    日本政府は「まだ明確な方針が決まっているわけではない。
    防衛省内でどのような戦闘機の態勢にしていくかは検討中」(小野寺五典防衛相)としている。

    (久保信博、ティム・ケリー 編集:田巻一彦)

    ソース ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000037-reut-asia.view-000
    画像
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180221-00000037-reut-000-5-view.jpg
    no title

    記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 06:43:00.61 ID:FFH0Zv8J0
    https://i.imgur.com/4HsiR1w.jpg
    https://i.gyazo.com/02576cb2ad11eefdb4fe13b5e90962b8.gif
    https://i.imgur.com/UwUMA5g.jpg
    https://response.jp/article/2018/02/20/306290.html
    https://i.gyazo.com/bf1ac2cf0ac313e536e9876af5ed0d60.gif
    https://i.imgur.com/bc3wwO3.jpg


    記事の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/02/20(火) 19:49:27.37 ID:CAP_USER9
    https://news.careerconnection.jp/?p=50351
    2018.2.20

    まだまだ熱狂が続く平昌オリンピック。2月17日にはカーリング女子日本代表がOAR(ロシアからの個人出場)に快勝した。このときの「おやつタイム」で食べられた、「赤いサイロ」がネット上で話題になっている。

    カーリングは"氷上のチェス"と呼ばれ、頭脳戦が長時間に及ぶ。心身ともに消耗するためハーフタイムに栄養補給をしながら作戦会議を行う。この時間がネット上でおやつタイムと話題になり、楽しみにしているファンも少なくはない。

    件の「赤いサイロ」は北海道北見市に本店を置く清月が販売するチーズケーキだ。OAR戦のハーフタイム映像に、同製品のパッケージとケーキが映りこんでいることに気付いた同社は19日、公式ツイッターで、
    「カーリング女子LS北見のOAR戦のおやつタイム、何と当店のチーズケーキ赤いサイロ食べてくれていました!!」と投稿した。

    また映像のキャプチャとともに「赤いサイロ確かに食べていただいてます!! ありがとうございます!!」ともつぶやいている。ツイッター民からも、
    「故郷、北見の銘菓といえばこの赤いサイロ。 おいしいよね!」
    「赤いサイロ! 北見銘菓 赤いサイロではないか!!!」
    など、歓喜の声が上がっている。同社の担当者は、キャリコネニュースの取材に、「オリンピックで『赤いサイロ』が食べられ、テレビで紹介されたこともあり、売上は普段の倍以上となっています」と話した。
    「特にネット注文が増えています。通常は発送まで4~5日なのですが、現在は7~10日程度かかっています。一番人気の商品なので品切れにはならないと思いますが、地方発送にはお時間をいただいていますね」

    カーリング女子の日本代表はLS北見で、北海道北見市を拠点とするチームだ。同担当者は、
    「うちも北見市、地元は同じです。OAR戦では吉田夕梨花選手が召しあがっている姿が映されましたが、個人で買われたのかどうかはわかりません。でも過去にSL北見が大会へ出場する際のセレモニーで、協賛としてお菓子を出したことはあります」と話していた。

    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2018/02/180220sir1.jpg
    no title


    関連スレ
    【平昌五輪】いちごで当たり!目が離せないカーリング日本女子の「もぐもぐタイム」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519081512/
    【平昌五輪/おやつタイム🍎】カー娘、英国戦「もぐもぐタイム」はリンゴ 第5エンド終えて3―3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519108685/
    記事の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/02/20(火) 16:26:01.01 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180220/k10011336221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    2月20日 16時12分
    ピョンチャンオリンピックで連日、熱戦を見せているカーリングでは、ハーフタイムに選手たちが口にする果物などの「おやつ」にも注目が集まっています。

    予選が始まった今月14日以降、中継映像には、女子の代表チームなどがハーフタイム中に車座になってバナナやイチゴを食べながら試合の作戦を打ち合わせる様子がたびたび映し出されました。

    こうした休憩中の映像はたちまち反響を呼び、ネット上では「おやつタイム」というハッシュタグの付いた書き込みが相次ぐなど、話題を集めています。

    NHKがハーフタイムだけを特集した動画をインターネット上に公開したところ、多いものでは再生回数が37万回を超えました。また、NHKの公式ツイッターには「体力的にも頭脳的にも糖が必要な競技ですもんね」とか、「フルーツを食べながらの作戦会議はほっこりします」などと、“おやつタイム”を楽しみにしている視聴者からの投稿が数多く寄せられています。

    日本の選手たちの「おやつ」をよく見てみますと、女子は果物のほか、北海道の菓子メーカーが作るチーズケーキなどをほおばっていたほか、男子はようかんや栄養補助食品をおやつにしていました。また、海外のチームもバナナやチョコレートなど、さまざまな物を食べているのがわかります。

    日本カーリング協会によりますと、この競技は試合時間が長く、見た目以上に体力を消耗するため、ハーフタイムには栄養補給や気分転換として糖分をとることが多いということです。

    試合会場に持ち込める食べ物についてルールや決まりはなく、チームごとにコーチやトレーナーがおやつのメニューを考えて工夫しているということです。熱戦とともに、ハーフタイムにかいま見える選手たちの「おやつ」からも目が離せなくなりそうです。
    記事の続きを読む

    このページのトップヘ